独自の販売ルート|酒の高額買取を可能にする方法

電卓と虫眼鏡

登録証の確認

虫メガネ

海外のコレクターも多い日本刀ですが、保管や保存には注意が必要です。近年、遺品の処分やコレクションの整理等で悩んでいる方も増えています。刀は特殊な品になるので、リサイクル店で簡単に売ることができません。買取査定は専門店に依頼して行ないましょう。近くに刀の買取が行なえる専門店が無い場合は、ネットで検索して出張査定や宅配査定を行なっている店を利用しましょう。査定を依頼する場合、必ず登録証を探しておきましょう。登録証が無い刀の売買は行なえません。発見届や刀剣類所持許可証であっても、登録証のかわりにはならないので注意しましょう。また、模造品の買取査定も専門店では行なっていません。登録証があれば、サビや欠け、焼身や裸身といった状態でも買取対象になります。

遠方から宅配サービスを利用して商品を送る場合、専門店に依頼して梱包セットを用意しましょう。輸送中に商品が傷つくようなことが無いように、しっかりと保存する必要があります。刀剣ケースやガムテープ、結束バンドは自分で用意しておくと梱包の際に便利です。買取申込書の記入を行ない、専門店宛の復路用着払い宅急便伝票を貼り付けて送るだけで査定申し込みは完了です。あとは査定後の連絡を待つだけなので簡単です。専門店とのやり取りをスムーズにする為に、メールや会員の登録を行なっておくと便利です。少しでも早く査定してもらいたい場合は、電話申し込みを行ない画像添付した依頼メールを送ると良いでしょう。